ルミガン 添付文書

トップへ

ルミガンの添付文書をよく読む

ルミガンはアメリカでまつ毛の育毛剤として認可された医薬品です。

元々は緑内障の治療薬なので、ルミガンは日本では治療薬として認可はされていますが、まつ毛の育毛剤という美容目的での使用の認可はされていません。

日本のルミガンの添付文書によると、ルミガンはビマトプロストという成分の入った点眼液で、効能、緑内障、高眼圧症治療と記載されています。

頻繁に使用すると眼圧降下作用が減弱する可能性があるため、1日1回の点眼という用法用量が決められています。

妊娠中の方やヘルペスウィルスが潜在している患者などには、慎重な投与が求められています。

副作用については、重大な副作用は虹彩色素沈着(目の角膜と水晶体の間にある薄い膜を虹彩と言います)が稀に現れることがあり、このような場合は投与を中止しなければなりません。

その他の副作用としては、色素沈着(点眼液がついてしまった目の周りの皮膚が黒っぽくなる)ことや、角膜苑、結膜炎などが確認されています。

このように、ルミガンは注意して使用しなければならない医薬品なのですが、まつ毛が伸びる、濃くなるという情報だけで、安易に個人輸入などで購入してしまう方が多いです。

日本では今のところ認可はされていない為、眼科に行っても処方してもらえない場合が多いので、仕方がないことかもしれませんが、それでも、最低限の正しい使用を心掛けましょう。

ルミガンを販売しているアメリカの製薬会社からは、上記の副作用を防ぐため、ルミガンとは別に美容目的でのラティスという商品を販売しています。

ラティスというのは、ルミガンにアプリケーターというアイブラシが付いているものです。

まつ毛以外の目の周りなどに薬液が付くのを防ぐだけでなく、色素沈着などの副作用を防ぐためにアプリケーターは付いています。

また、薬液がうっかりついてしまった場合には、すぐに洗い流しましょう。ルミガンのリスクもきちんと知り、正しい使い方をしましょう。

>>ルミガンの詳細はこちら<<