ルミガンはジェネリック

トップへ

ルミガンはジェネリックもあります


医療用医薬品には同じ成分、同じ効き目でも値段の高い薬(先発医薬品)と安い薬(後発医薬品)があります。



後発品は、欧米では一般名(generic name成分名のこと)で処方されることが多いため、ジェネリック医薬品とも呼ばれています。



どのような画期的な発明の医薬品でも、その発売からおよそ6年後、または特定年月で特許が切れると、その有効成分や製法等は共有の財産になり、医薬品製造業者は自由に医薬品を製造できるようになるため、同じ成分の医薬品より安く提供できるようになるのです。



ジェネリック医薬品は、厚生労働省での厳しい審査にパスしたものだけが医薬品としてみなさんに提供されています。



その違いが、薬の効き方などに微妙に現れることもあります。



ジェネリック医薬品と先発医薬品では、主成分が同じでも添加物や製法が異なります。



これは、ジェネリック医薬品の質が悪いのではなく、先発医薬品とよく似ているが違う医薬品であるということです。



しかし、同じ成分でも全く同じ医薬品を作るのは不可能です。その点に注意したいものです。



ルミガンのジェネリック医薬品には、ケアプロストというものがあります。



ケアプロストとルミガンは点眼薬ですので、別途のアイテムでまつげの根元に塗るようになっています。



まつげに塗るのが美容液。まつげが生えているまぶたに塗るのがケアプロストとルミガンです。



丈夫なまつげが生えることで、抜けにくくもなるし太さも出ます。髪の毛もそうですが、毛というものは傷むと細くなっていくものです。



それを防ぎ、丈夫なまつげを増やすのに役立つアイテムとして、ルミガンとケアプロストは話題になっているのです。



先発医薬品が湿気に弱かったり、光に弱い性格を持っていても、ジェネリック医薬品は、それを改善したり、薬の味が改善されていることがあります。



小児や老人が飲みやすい剤形等を開発することで、よりよく薬を飲んでもらえるように努力していたりもします。

 

 

>>ルミガンの詳細はこちら<<