ルミガン ふたえ

トップへ

ルミガンでふたえになるのか

ルミガンはまつげを長く、濃くしてくれる薬です。

 

2008年12月にFDA(アメリカ食品医薬品局)より認可され、「まつげを長く濃くする薬」として正式に認められています。

 

認可後には瞬く間に人気となり、今でも多くの女性に愛用されています。

 

日本でもまつ毛を伸ばせる美容医薬品として多くの女性が利用しているようです。

 

まつ毛の育毛効果は他の追随を許さないほど高いようですよ。

 

このルミガンですが、ある噂がささやかれていることを知っていますか?

 

まつ毛の育毛剤として日本でも注目を集めているルミガンを使用していると、ふたえになることが出来ると言うのです。

 

それまで一重や奥二重だった人が、ルミガンを使用することでぱっちりふたえに変身できるとか。

 

本当なのでしょうか?

 

二重になると言うことが真実であれば、プチ整形などが必要なくなりますよね。

 

一重からふたえになりたいのであればルミガンを利用すればいいと言うことになります。

 

気になったのでちょっと調べてみました。

 

口コミを読んでいると、ちょっと気になるものを発見しました。

 

その女性は毎日ルミガンを利用していたようです。

 

まつげを長く濃く見せたいために利用していたようですが、あるとき気が付いたらふたえになっていたと言うのです。

 

その女性は元々は一重だったとか。

 

ルミガンを塗布する箇所は、ちょうどアイラインの場所になります。

 

確かに、ふたえになったのはルミガンが影響していることが大きいかもしれませんね。

 

まつ毛を長く濃く見せたいと願っている人ならば、一重からふたえになることは願ってもないことでしょう。

 

ふたえになることで、さらに目を強調することが出来ますから。

 

まつ毛の育毛が出来てさらに、ふたえになることも可能だとなれば、さらに利用者は増えそうですね。

 

ルミガンには色素沈着が起こる場合があるようです。

 

薬剤が頬に付いたり手に落ちてしまたときにはすぐにティッシュなどで服用にしましょうね。